×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

はるちゃんの「わが人生マシンX」

1/20マシンX改造奮戦記

ニチモベースに1/20マシンX改造に挑戦。絶版の「ベスト吸気系チューニング」「ストリートパワー」シリーズから
レカロ、ナルディなどをトレードし、ボンネット開閉によるエンジン再現、可動式のスチールカメラまで自作!!
特徴的なコンピューターをはじめ自動車電話、室内配線まで忠実に実車に迫る!


平成13年9月下旬現在の進行状況。


リアシートを取っ払い、ロールバーを自作。キットのパーツを流用しながらもプラパンを多用し、
1/24キット以上のクオリティーを目指しています。

フロントグリルもほぼ改造完了。
カンパニョーロは三洋交易のものを中をぶち抜いて、よりリアルな他のホイールのリムに合体させています。
回転灯は中のランプとモーター部分まで再現、さらにコードも自作予定!!


平成13年11月上旬現在の進行状況。


サーチライトは1/20暴走Gメンシリーズのパーツより改造。消火器はフジミ「ツールセット」より流用。
フォグランプはニチモホットマシーンシリーズのジャパン角目ライトレンズを流用し本体とステーはプラ板で自作。
スチールカメラは同じく暴走Gメンシリーズより。ステーはプラ板より。
 破損からなんとか甦ったが、もうひとつ納得できていないので、もう一つ作成中、とのことです。


平成13年12月上旬現在の進行状況。

ナルディ、自動車電話、オイルクーラー、デュアルマフラーが揃いました。
コンソールのテレビモニターサーチライトのコントロールボックスは1/24より流用。
レカロスチールカメラは、ほぼ形になりました。


平成14年1月中旬現在の進行状況。


シフトノブは、ベースをプラ板、プラ棒から作りおこしノブはヘッド部分をキットから流用。
・2代目 カンパニョーロホイール。中をぶち抜く方法をやめ、下半分を貼り合わせ(前輪は思わぬアクシデントもあり)
  テールランプ部は、マシンXへのこだわりでGT−ESのエンブレムのS部分を削ぎ取りGT−Eに(判りにくいですが)
・仮組したフロント部分。マシンXに見えます?


平成14年1月下旬現在の進行状況。

サーチライト部は、基部等写真等を参考にそれらしくプラ板で。可動部はシンチュウ線とパイプから。意味不明のチェーンも作製予定。
ボンネット部のNASAダクトは、1/24を流用して一発勝負の開口。キルスイッチも1/24を流用


平成14年7月上旬現在の進行状況。

1. 最大の1/20マシンXの課題といえるコンピューターです。下の本体は1/24をベースに4分割し間にプラ板をサンドイッチし、
  表面もプラ板を貼りつけ、太らせて大きさを調整してます。 メーター部分はプラ板にメーターサイズの穴を開けて下部分同様に
  1/24ベースに4分割のプラ板サンドイッチです。 今後スイッチ類を表面につければ何とか形になると思います。

2. トランクの無線アンテナは、白洋線に現行の西部警察パーフェクトモデルのサイズが若干オーバースケールなのを発見したので、
基部、途中部を流用。トランクの穴は緊張の一発開口(気が小さいので・・・)。 横はおまけの暴Gのレミントンショットガン


平成14年7月中旬現在の進行状況。



一通りのパーツの改造が完了し、全体を把握するため、仮組み。次は塗装に入ります。


平成14年10月上旬現在の進行状況。


いよいよ、下地塗装に入りました。コンピューターは、スイッチ類を1/24のパーツより流用。
インテリアパーツには黒塗装が入りました。


平成14年11月上旬現在の進行状況。

レカロシートナルディステア。レカロパターンは、田宮のブラックスペシャルからでしょうか?。ナルディ、消火器とともに
塗装がばっちりキマッテして、カッコいいです。

コンピューター自動車電話。コンピューターの塗装が完了。全然、1/24からスイッチ類を流用したと思えません。
電話もコード追加でよりリアルになりました。

ロールバースチールカメラ。各部装備品が追加され、現実味を帯びてきました。よく見るとコードも再現!!

マーシャル(?)フォグランプ。フォグランプも装備完了。あとはウインカーレンズ、ナンバーの追加のみ。

本物多摩ナンバーダミー品川ナンバー(脱着可能)。よく見りゃ。字体が違う。ダミーナンバーの作り物ぽさが凄い。

TVモニターサーチライトコントロール部。1/24のパーツを流用するものの、コード等の追加でメカニックな出来になりました。

カンパニョーロエレクトロン101。このパーツ、リムの出来に不満があったものの、無事克服。複製が欲しいくらいです。

・コード類でディティールUPしたエンジンタワーバー(プラ板製) スピーカーがポイント。エンジン部はほとんど資料が存在しないので
マニア泣かせの部分。しかし、数々のディティールアップと素晴らしい塗装により、ベースキットのしょぼさが微塵もなくなりました。

おまけのレミントン。旧LSの暴走Gメンシリーズの追加パーツについていたレミントン。車のどこに装備するか楽しみです。


平成14年11月中旬現在の進行状況。

・コンピューター配線完了し各パーツを装着して、内装が完成。シャーシ部分は終了。

・やっとこさボディ塗装にかかれました。
残っているのはボディの仕上げ(デカール貼り、クリアーコート)、各パーツの装着、ウィンカー、テールランプ等の塗装・装着など。


平成14年12月中旬現在の進行状況。

・フロントマスク&テールランプ(GT−Eへのこだわり)   ダッシュ部(左の時計がGT−Eへのこだわり)

・左サーチライト側インナー部

完成間も無く?研ぎ出しって難しい(T_T)


平成15年1月遂に完成!

2006/6/12写真改定

はるちゃんのマシンXが遂に完成。2003年、当ホームページ一発目の更新を飾っていただくのに相応しい完成度です。
数少ない貴重な資料により、完璧ともいえる各種装備品を再現しています。コード類をはじめとする芸の細かさに脱帽です。
二年以上の時間と莫大な費用により青島1/24を超えるディティールになりました。
すいません。参りました。偉そうにプラモのページを作ってましたが、顔を洗って出直してきます・・・。

 

西部署別館に戻る

マッドポリス芹沢のページに行く